プレスリリース

小説投稿サイト「トークメーカー」さまと業務提携いたしました。

こんにちは。カラット(@charatme)です。

先日、CHARATはキャラクター会話に特化した小説投稿サイト「トークメーカー」さまと
業務提携いたしました。

CHARATで遊んでいただいている方の中には自分のオリジナルアバターが

・どんな話し方をするのか?
・どんな性格をしているのか?
・どんな交友関係があるのか?

といった風に、設定を考えている人も多いのではないでしょうか。
そんなあなたにおススメなのが「トークメーカー」です!

トークメーカーさまのご紹介


「トークメーカー」は、『大日本サムライガール』『フォルセス公国戦記』『羽月莉音の帝国』などの著作がある作家・至道流星氏氏が自ら開発された新しい小説投稿システムです。
キャラクターに会話させることで、チャットベースのような会話劇を気軽に作ることが出来ます。
(「小説家になろう」をすごく敷居を下げた感じと思ってください。)

編集画面はシンプル


編集画面はこんな感じになっています。
吹き出しにセリフを入れていくだけで自然な物語が作れます。
雰囲気としては、小説とノベルゲームの中間くらいの感じでしょうか。

また、セリフだけではなく、「画像のみ」や「地の文」も入れることが出来ますので
細かい状況説明や描写も可能です。本格派の方も安心!

コラボが盛ん

「トークメーカー」は他のサービスにはない特徴があります。
それは「ユーザー間のコラボ」!
一人で物語を考えるのではなく、ユーザー同士で共作して物語を作り上げる新しい試みです。

作品主以外であっても自分のキャラクターを参加させてセリフを執筆できる。
一つの作品に色々な作家さんが参加して、物語を作り上げていくという方法ですね。
初めは興味のある人のコラボ作品でセリフを書いて慣れていくのも良いかもしれないです。

新興サービス

サービスが開始されてまだ日が浅いということは、今なら比較的ランキングの上位に食い込みやすいということです。
これは、デビューを目指して真剣にやってるガチ勢な方々にとって非常に大事なことです。
他サービスを使っている方も、新たな作品発表の場としてチェックしてみるのも良いのではないでしょうか?

作成したアバターを使ってみよう!!

さて、そんな「トークメーカー」を使って
小説歴0年の私も短編をひとつ書いてみました。
ねこ暮らし

駄文ですが、お暇なら読んでみてくださいね。
(「時間返せ!」と怒らないでね)

まとめ

皆様も

作成したアバター同士のラブストーリー...
作成したアバターの学生生活...
作成したアバター同士の対決...

などなど、色々な妄想を書き留めておくと
CHARATで作成したアバターへの愛着が増すこと間違いないでしょう。
これを機会に、「うちの子」愛を爆発させてみてはいかがでしょうか。

作った作品を公開して、色んな人に自分で創作した世界観を披露することもできるし
非公開で自分だけで楽しむこともできます。
「トークメーカー」に興味を持たれた方は、是非、遊んでみてくださいね。

「トークメーカー」さまのサイトは以下からアクセスできます。
http://talkmaker.com

以上、カラットでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCHARATをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
簡単!可愛い!アバターメーカー「CHARAT」の広報担当のカラットです♪ よろしくおねがいします♥

-プレスリリース